テイクオフ:海外から輸入した商品が…

海外から輸入した商品が多く並ぶ香港のスーパーマーケット。生卵一つとっても中国本土産あり、日本産あり、タイ産ありといった具合に国際色豊かなのだが、よく見掛けるのが同じ商品を複数買った場合、価格を割り引く販売方法だ。

スーパー側にとっては、食料品や飲料を賞味期限までに多く売りたい狙いがあるのだろう。近くの店では1本30HKドル(約420円)の日本産牛乳を、2本なら50HKドルで販売している。安く購入できるに越したことはないし、育ち盛りの子どもがいることもあって、まとめ買いをするのが習慣になった。

ところが先日、冷蔵庫が壊れ、その日消費する量しか食品を買えなくなってしまった。妻がスーパーで漬物を1つだけ買おうとしたところ、割引できる2つを買うよう店員に促され、結局買うのをあきらめたそう。買い得に思えた販売方法も一長一短あるようだ。(祐)


関連国・地域: 香港
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

5月の民間住宅着工、15%増の2422戸(14:21)

新商品投入、香港市場の鍵に 一田百貨・黄CEOインタビュー(07/20)

宝飾の六福、4~6月は既存店22%増収(07/20)

【予定】20日 6月消費者物価指数ほか(07/20)

初の石川県物産商談会、47社・団体が出展(07/20)

【訃報】村松誠氏(元日本通運副社長)(07/20)

米の対中関税、香港企業に4点の自衛策(07/20)

工貿署、中小企業支援策を8月からに前倒し(07/20)

香港グローリーフレーム、子会社2社設立(07/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン