カラワンの大街区開発着工、計42ヘクタール

シンガポール系不動産開発のポルックス・プロパティーズ・インドネシアは12日、西ジャワ州カラワンのスーパーブロック(大街区)「ポルックス・テクノポリス」開発事業を着工した。50兆ルピア(約3,900億円)を投じ、6期にわけて合計42ヘクタールを開発する。大阪の道頓堀をイメー…

関連国・地域: シンガポールインドネシア
関連業種: 建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「僕たちは中国人なの?…(11/13)

アジア景気は持ち直し傾向 三井住友銀などセミナー開催(11/13)

【この人に聞く】コールドチェーン事業本格化 DUNEX、足元固めじわり拡充(11/13)

JCB、CIMBと初の女性専用クレカ発行(11/13)

全日空、首都空港第3ターミナルに移転(11/13)

インドネシア、豪州との貿易協定に難色(11/13)

四日市港が利用呼び掛け、首都でセミナー(11/13)

マクドナルド、インドネシアでも脱ストロー(11/13)

首都のERP、3社が14日から実証実験(11/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン