マッコーリー、台湾や日本事業参画へ

オーストラリアの投資銀行マッコーリー・グループはこのほど、交通のスマート化や自動運転バスの技術開発を手掛ける台湾のPCチップメーカーの喜門史塔雷克(7スターレイク)に資金面と技術面で支援を行うことで合意し、拘束力のない覚書(MOU)に調印したことを明らかにした…

関連国・地域: 台湾韓国オーストラリア日本
関連業種: 自動車・二輪車電力・ガス・水道金融・保険社会・事件政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:シドニーのバスの車内で…(07/20)

海外旅行者支出、6%超増 中国人が全体けん引(07/20)

豪人口増が「二速化」、SA首相が懸念(07/20)

豪6月の失業率、横ばいの5.4%(07/20)

豪の税基盤が縮小の恐れ、消費税収減少で(07/20)

豪上場のマレー企業、不動産サイトに出資(07/20)

豪LNG輸出量6千万トン、18%強増加(07/20)

中国向け豪リチウム価、2四半期連続で下落(07/20)

石炭火電の延長、太陽光発電でリスク増加か(07/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン