合繊協会、レーヨンの供給過剰を予測

インドネシア合成繊維生産者協会(Apsyfi)は、年内に国内最大級のレーヨン工場が稼働を予定していることから、国内でレーヨン繊維の供給が過剰すると予測している。輸出拡大などの対策が必要となりそうだ。14日付ビスニス・インドネシアが伝えた。 Apsyfiのレドマ事…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 経済一般・統計アパレル・繊維政治


その他記事

すべての文頭を開く

首都の環状高架鉄道、19年半ばの着工を計画(20:41)

カラグループ、マカッサル航路に貨物船追加(20:41)

国内東部2港、自動車の取扱能力向上へ(20:42)

【人事】Gunosy社長に竹谷祐哉氏ほか(07/16)

テイクオフ:会社の専属運転手にまつ…(07/16)

【予定】16日 米ロ首脳会談ほか(07/16)

国内初LRTの開業が延期 パレンバン、全面開業は9月(07/16)

山梨県がトップセールス、果物の魅力PR(07/16)

伊藤園、無糖ウーロン茶飲料を販売開始(07/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン