ラカインの身分証発行が停滞、脅迫が原因か

ミャンマー西部ラカイン州で、イスラム教徒少数民族ロヒンギャへの身分証明書(NVC)発行が滞っている。NVCの普及を望まない勢力から殺害脅迫を受けたロヒンギャが申請をためらっていることが理由のひとつとの指摘がある。イレブン電子版が11日伝えた。 NVCはラカイン州…

関連国・地域: ミャンマーバングラデシュ
関連業種: 政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

ロヒンギャ問題が焦点、ASEAN外相会議(09:38)

中銀が無担保ローン認可 利率16%、焦げ付き増える懸念も(01/17)

10~12月貿易額、赤字9.5億ドルに縮小(01/17)

投資サミット、首都で28~29日に開催(01/17)

マンダレー、昨年の火災被害額は3千万円超(01/17)

政府、安全基準満たすヘルメットを輸入へ(01/17)

工業省、電気自動車の生産を奨励(01/17)

ミャンマー、雲南省2カ所でビザセンター(01/17)

ミャンマー特化の投資ファンドが立ち上げ(01/17)

国連など、ラカイン州への支援許可を要請(01/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン