法務省、貸金業の新ビジネスモデルを試行へ

シンガポール法務省が、貸金業に新たなビジネスモデルを導入することを計画している。消費者保護の強化などを目的としたもので、事業者から提案を募り、2019年から2年間にわたって試験的に導入する。

法務省が11日発表した声明によると、新たなビジネスモデルでは事業者の実績、債権回収などについて、既存の法的要件よりも厳しい基準を設ける。対象事業者は100万Sドル(約8,198万円)以上の資本金を持ち、消費者金融業務を手掛けた実績がある者に限られる。

法務省は事業コスト、融資の基本方針などの面から提案を審査し、これを通過した事業者に試験的な営業許可証を交付する。許可証の有効期間は2年。対象事業者は提案したモデルに基づく事業を最大4つの拠点で展開することが認められる。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 経済一般・統計金融・保険政治

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:自転車シェアサービスの…(07/16)

【人事】Gunosy社長に竹谷祐哉氏ほか(07/16)

4~6月期のGDP、3.8%増 製造業やサービス業で伸び減速(07/16)

【予定】16日 米ロ首脳会談ほか(07/16)

エバラ食品、8月に子会社を設立(07/16)

航空庁、欧州安全機関とドローン安全基準策定(07/16)

【プロの眼】知っておくのは親の義務、帰国子女受験の傾向と対策(07/16)

オロ、クロスフィニティの子会社買収(07/16)

デロイトトーマツ、アジア太平洋での展開加速(07/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン