日本板硝子、南部の工場再稼働へ

日本板硝子株式会社(東京都港区)は11日、太陽光パネル用の透明導電膜(TCO)ガラスの増産に向け、約380億円を投資すると発表した。投資の一部は、ベトナム南部にある休止中のフロートラインの改修・再稼働に充てる。 薄膜太陽光パネルの世界大手、米国ファーストソーラー社と…

関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 化学・石化


その他記事

すべての文頭を開く

ベトジェット、12月にHCM市―関空線就航(07/17)

【予定】17日 日EUのEPA署名式ほか(07/17)

FLC、バンブー航空に6千億ドン追加出資(07/17)

ベトナム航空、和食にノリタケの食器導入(07/17)

シーメンス、太陽光発電所のシステム受注(07/17)

ニントゥアン省、風力15案件を誘致(07/17)

EVN、9月までに風力発電企業から撤退へ(07/17)

クレディスイス、FLCに2億ドル融資(07/17)

HCM市、25年までの住宅開発計画提案(07/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン