• 印刷する

テイクオフ:ぷうんと、トイレのよう…

ぷうんと、トイレのような臭いが漂う、南部の工場。ゼロ・ウェイストを掲げ、バイオマス(生物資源)発電所も備えるなどエコに配慮した最新の設備が並ぶ。工場の周りには林もあるが、臭いは気になる。

近所から苦情が来ないか聞くと、工場の代表者が地元のリーダーなどに声を掛けた上で、着工前に自ら一軒一軒の扉をたたき、迷惑を掛けることに了解を得ていったという。工場の従業員7割ほども工場周囲の地元民で、雇用創出込みで説得したため、苦情はほとんどないのだとか。

ただ苦情より深刻なのは、人材不足。マネジャーやエンジニアなどコア人材は、ほとんどがバンコクや他県から知り合いのつてなどを頼って集めたと言い、地元の大学から採ろうとしても、就職の場合は上京志望が強く難しいと嘆く。真新しい工場の外観からは想像できない苦労が垣間見られた。(桃)


関連国・地域: タイ
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日本の地元の駅の階段は…(03/26)

親軍政が得票伸ばし続投濃厚 暫定結果、小選挙区はタクシン派(03/26)

タイ政治巡る今後の動き(03/26)

「民主党の大敗」に見るタイ社会の変容(03/26)

何が変わり、変わらなかったか=タイ総選挙(03/26)

投票日前日に票の買収が横行=監視団体(03/26)

FTI会長が首相続投支持、経済界も継続性(03/26)

「市場は様子見続く」=みずほ総研松浦氏(03/26)

EEC政策などは継続=ソムキット副首相(03/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン