スバルが2年連続減益、吉永社長が不正陳謝

【共同】SUBARU(スバル)が11日発表した2018年3月期連結決算は、純利益が前期比22.0%減の2,203億円だった。昨年発覚した無資格検査問題の関連費用などを織り込み、2年連続の減益となった。吉永泰之社長は東京都内で記者会見し、燃費の検査データ改ざんを含む一連の不正に…

関連国・地域: 日本
関連業種: 自動車・二輪車


その他記事

すべての文頭を開く

新興国からの資金流出、世界経済に影(08/16)

韓中の雑貨店が店舗網拡大 ムムソの偽装表示、政府が調査へ(08/16)

米大豆輸出価格が14%下落、報復関税影響か(08/16)

リクシルがインドに本腰 現地生産開始、5年で1万店展開(08/16)

三菱、MPV「エクスパンダー」を輸入販売(08/16)

7月の訪日香港人3%減、自然災害響く(08/16)

リネットジャパン、地場リース買収で合意(08/16)

日本製化粧品を世界で勝負へ、和の文化をPR(08/16)

東京五輪に初の顔認証技術、NECが導入(08/16)

日系キーチェーン、100万米ドルの資金調達(08/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン