ポスコの対米輸出比率、4年ぶり減少

韓国鉄鋼最大手ポスコの輸出全体に占める北米向けの比率が4年ぶりに減少したことが14日、分かった。輸入鉄鋼製品に対する通商圧力が強まっていることが一因とみられる。アジアトゥデイなど現地紙が伝えた。 ポスコが米国証券取引委員会に提出した報告書によると、ポスコの昨年の…

関連国・地域: 韓国米国
関連業種: 経済一般・統計鉄鋼・金属


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ドルイドキング事件――…(05/21)

LGグループが4代世襲へ 会長の長男、安定した経営環境を(05/21)

LGグループ具本茂会長、73歳で死去(05/21)

韓国企業、北部に物流センター開設(05/21)

SKの期待高まる、東芝メモリ売却決定(05/21)

サムスン、AI活用し家庭用IoTサービス(05/21)

自動運転用センサーに意欲、現代モービス(05/21)

CJ大韓、iHerbアジア物流拠点を誘致(05/21)

物流ジェマデプト、1Qは20%の減収(05/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン