ポスコの対米輸出比率、4年ぶり減少

韓国鉄鋼最大手ポスコの輸出全体に占める北米向けの比率が4年ぶりに減少したことが14日、分かった。輸入鉄鋼製品に対する通商圧力が強まっていることが一因とみられる。アジアトゥデイなど現地紙が伝えた。 ポスコが米国証券取引委員会に提出した報告書によると、ポスコの昨年の…

関連国・地域: 韓国米国
関連業種: 経済一般・統計鉄鋼・金属


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:米テレビドラマ「スパイ…(07/17)

サムスン、5G設備で強気 世界シェア2割目標(07/17)

【予定】17日 日EUのEPA署名式ほか(07/17)

6月の輸入物価指数、10.9%上昇(07/17)

6月輸出額0.2%減、船舶の減少など(07/17)

中国進出企業の景況感、上昇相次ぐ(07/17)

日韓のニトリルゴムにAD仮裁定、商務省(07/17)

貿易摩擦、中国成長率1P下がれば韓国0.5P(07/17)

文大統領「公約守れず謝罪」、最低賃金巡り(07/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン