• 印刷する

ティラワSEZ、農民に不法侵入の有罪判決

ミャンマーの最大都市ヤンゴン近郊のチャウタン郡区裁判所は7日、ティラワ経済特区(SEZ)の隣接地に住む農民33人に対し、同SEZへの不法侵入で有罪判決を下し、1人当たり500チャット(約41円)の罰金を科した。ミッジマ(電子版)が12日伝えた。

問題となった土地は、政府が1996年に農民らから収用。農民らはその後も耕作を続けていたが、新たな土地所有者となった国軍系企業ミャンマー・エコノミック・コーポレーション(MEC)が2014年、農民らに対する訴訟を提起し、15年5月には政府が補償金の支払いを申し出ていた。

裁判で農民らを支援した非政府組織(NGO)、アースライツ・インターナショナル(ERI)のベン・ハードマン副法務ディレクターは「今回の有罪判決は、他の土地収用問題で農民側が有利になるのを避けるための判断」と指摘。過去の土地収用問題の解決姿勢を打ち出す、政府の方針に逆行するものだと批判した。

MECは、収用した土地の一部に港湾施設を建設している。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

外国投資、製造業で増加傾向 8月の認可、韓国が最多件数(09/25)

宝飾品など5分野、20年から輸出重点品目に(09/25)

金の国内価格、米ドル高で記録的な上昇(09/25)

【予定】25日 日米欧貿易相会合ほか(09/25)

27日から自動車部品などの展示会、ヤンゴン(09/25)

バガン、世界遺産登録に伴う現地調査実施(09/25)

ビザ、非接触型カード決済が全体の20%に(09/25)

マンダレーへの旅行者、中国人がトップに(09/25)

ブロードバンド拡大へ業界連携が必要=華為(09/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン