• 印刷する

ティラワSEZ、農民に不法侵入の有罪判決

ミャンマーの最大都市ヤンゴン近郊のチャウタン郡区裁判所は7日、ティラワ経済特区(SEZ)の隣接地に住む農民33人に対し、同SEZへの不法侵入で有罪判決を下し、1人当たり500チャット(約41円)の罰金を科した。ミッジマ(電子版)が12日伝えた。

問題となった土地は、政府が1996年に農民らから収用。農民らはその後も耕作を続けていたが、新たな土地所有者となった国軍系企業ミャンマー・エコノミック・コーポレーション(MEC)が2014年、農民らに対する訴訟を提起し、15年5月には政府が補償金の支払いを申し出ていた。

裁判で農民らを支援した非政府組織(NGO)、アースライツ・インターナショナル(ERI)のベン・ハードマン副法務ディレクターは「今回の有罪判決は、他の土地収用問題で農民側が有利になるのを避けるための判断」と指摘。過去の土地収用問題の解決姿勢を打ち出す、政府の方針に逆行するものだと批判した。

MECは、収用した土地の一部に港湾施設を建設している。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

仏の7千万ユーロ融資、会計委が凍結提案(17:10)

日本語教師の育成が本格化 受け入れ増へ、官民が取り組み(12/11)

断罪の一方的裁判続く、ロイター記者逮捕から1年(12/11)

中国産の豚肉輸入を一時停止、伝染病予防で(12/11)

汚職撲滅、省庁部局ごとでも取り締まり強化(12/11)

マンダレー工業団地でデモ、労働当局に反発(12/11)

マンダレー~ミッチーナ間に急行運行へ(12/11)

税制改革が一定の成果、システムの改善必要(12/11)

ヤンゴン空港シャトルバス、24時間運行に(12/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン