• 印刷する

テイクオフ:オーストラリアではここ…

オーストラリアではここ数年、体にどれだけ良いかの目安が星の数で表示されている食品をよく目にする。連邦政府が導入したアイデアらしく、栄養価などを基に0.5~5個の星で食品を評価し、「5つ星」が最も体に良いとされている。

スーパーの食料品売り場では、星で格付けされた商品が所狭しと並んでおり、砂糖やチョコレートで味付けされている子ども向けの朝食シリアルは星2個、アボカドは星4.5個などとなっている。

不思議なことに、牛乳に3.5個が付いている一方で、スイスの食品大手が販売している、チョコレート風味の甘い麦芽飲料パウダーが4.5個になっている。オーストラリア政府が一体どういう基準で食品を格付けしているのかはよく分からないが、一面的な情報に踊らされるとかえって不健康な選択をしてしまいそうだ。(梅枝)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:2大スーパーのコールズ…(03/22)

豪失業率、8年ぶり5%下回る 好転も労働参加率下落には警戒感(03/22)

労働党の税改革案、不動産市場さらに低迷へ(03/22)

WA州、ネガティブギアリングの不動産多く(03/22)

NSW労働党、東部州高速鉄道開発を重視(03/22)

LNG・製造業、労働党のCO2削減案懸念(03/22)

大手企95%が完全納税、タスクフォース成果(03/22)

労働協約システムへの不満、大手企業で増加(03/22)

残虐動画の流出防止、首相が通信企と協議へ(03/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン