〔オセアニアン事件簿〕産炭リンク、環境汚染で450万$罰金

2016年に事業を清算したオーストラリア・クイーンズランド州の石炭開発会社リンク・エナジーが、07年から13年にかけて同州チンチラで実施した石炭地下ガス化(UCG)プロジェクトによって故意かつ違法に環境を汚染したとして、罰金450万豪ドル(約3億7,130万円)の支払いを命…

関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 天然資源社会・事件政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:オーストラリアで、自分…(07/16)

豪永住ビザ発給、過去十年最少 虚偽申請への取締り強化などで(07/16)

競争委、企業の不正行為に罰金引き上げ提案(07/16)

積水ハウス、シドニーのアパート建設が承認(07/16)

オフィス空室率、9.4%へ大幅下落(07/16)

デロイトトーマツ、アジア太平洋での展開加速(07/16)

5月住宅融資0.5%増、居住用物件が増加(07/16)

デロイト、豪州含めアジア太平洋事業を統合(07/16)

豪郵便局、eBayとネット販売簡便化で協業(07/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン