ミャンマー産ゴマ種子、カビ毒検出で全量検査

厚生労働省は11日、兼松が輸入したミャンマー産生鮮ゴマの種子から発がん性を有するカビ毒の一種であるアフラトキシンが検出されたことから、食品衛生法に基づく全ロット検査を実施すると発表した。 横浜検疫所で実施したモニタリング検査の結果、1キロ当たり11マイクログラムの…

関連国・地域: ミャンマー日本
関連業種: 経済一般・統計農林・水産


その他記事

すべての文頭を開く

与党と軍の合意あれば和平可能、北部勢力(21:23)

ラカインでの学校改修を拡大 日本、ロヒンギャ帰還後押し(07/18)

【予定】18日 TPP首席交渉官会合ほか(07/18)

北部2州の中国国境、3経済地区の開発承認(07/18)

【人事】共立印刷社長に佐藤尚哉氏ほか(07/18)

4~7月初旬の貿易赤字、12.3億ドル(07/18)

【訃報】三好孝彦氏(元日本製紙社長)(07/18)

1~6月の観光客68万人に増、タイが首位(07/18)

ロイター記者の公判始まる、8月にも判決(07/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン