ミャンマー産ゴマ種子、カビ毒検出で全量検査

厚生労働省は11日、兼松が輸入したミャンマー産生鮮ゴマの種子から発がん性を有するカビ毒の一種であるアフラトキシンが検出されたことから、食品衛生法に基づく全ロット検査を実施すると発表した。 横浜検疫所で実施したモニタリング検査の結果、1キロ当たり11マイクログラムの…

関連国・地域: ミャンマー日本
関連業種: 農林・水産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

森崎ウィンさん、販促事業で引っ張りだこ(17:17)

ライオン・エア、ミャンマーに路線開設へ(14:27)

再生可能エネ導入促進へ法案 電化率引き上げへ開発後押し(09/26)

JICA理事長賞、ラオスなどが受賞(09/26)

スターバックス、ミャンマー出店を棚上げ(09/26)

ヨマ、キャタピラー重機を販売・レンタル(09/26)

8月末の消費者物価指数、8.18%上昇(09/26)

ミャンマー民主化の支援を、河野氏(09/26)

鉄道のヤンゴン―マンダレー線が復旧(09/26)

モバイル納税システム、18社が応札の意向(09/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン