ミャンマー産ゴマ種子、カビ毒検出で全量検査

厚生労働省は11日、兼松が輸入したミャンマー産生鮮ゴマの種子から発がん性を有するカビ毒の一種であるアフラトキシンが検出されたことから、食品衛生法に基づく全ロット検査を実施すると発表した。 横浜検疫所で実施したモニタリング検査の結果、1キロ当たり11マイクログラムの…

関連国・地域: ミャンマー日本
関連業種: 経済一般・統計農林・水産


その他記事

すべての文頭を開く

財政赤字補てん、中銀から520億円借り入れ(15:32)

サッカー選手育成、日本が協力 国際交流基金など指導者派遣(05/24)

第3回パンロン会議を延期、6月に開催か(05/24)

インド企業、カイン州で小型車組み立てへ(05/24)

公立病院、院内薬局やコンビニを開設(05/24)

IFC、水力発電の環境評価報告書を発表(05/24)

ヤンゴンの累積投資、最大は運輸・通信分野(05/24)

ヤンゴン管区、工業団地管理を中央で一元化(05/24)

中国理文造紙、バゴーに工場建設計画(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン