ミャンマー産ゴマ種子、カビ毒検出で全量検査

厚生労働省は11日、兼松が輸入したミャンマー産生鮮ゴマの種子から発がん性を有するカビ毒の一種であるアフラトキシンが検出されたことから、食品衛生法に基づく全ロット検査を実施すると発表した。 横浜検疫所で実施したモニタリング検査の結果、1キロ当たり11マイクログラムの…

関連国・地域: ミャンマー日本
関連業種: 農林・水産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

日本支援の多目的港が完成 ティラワ、貨物増で今後も拡張(12/17)

台湾BenQ、ミャンマーで大型投資検討(12/17)

テレノール、欧州信用情報サービスと提携(12/17)

災害リスク保険、日本や後発3カ国が覚書(12/17)

鉄鋼需要が年12%成長、国内生産追いつかず(12/17)

国内初の信用調査機関、19年末の稼働目指す(12/17)

採掘免許の申請増、大半が不備で受理されず(12/17)

インド支援の農業教育研究センターが開所(12/17)

米タイム誌、今年の人にロイター記者を選出(12/17)

日本と東南ア5カ国、災害リスク保険で覚書(12/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン