〔総選挙〕高速鉄道受注に追い風も、マレーシアきっての親日家

【クアラルンプール、東京共同=佐藤大介、山岡宗広】マレーシアきっての親日家として知られるマハティール氏(92)が総選挙で勝利し新首相に就任したことで、日本と中国が受注を激しく争うマレー半島高速鉄道計画の行方に影響が及ぶ可能性がある。ナジブ前政権は経済協力を背景に…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: 経済一般・統計政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:家人が交通事故に遭った…(06/18)

景況上向き、経済政策は有効 「5月の買い越し」不安視せず(06/18)

RM=27.5円、$=3.98RM(14日)(06/18)

ペトロナス、初のLNGカーゴ洋上積み替え(06/18)

天然ガス価格、7月から値上げ=平均3.3%(06/18)

ニプロ、2カ国で透析関連商品の直販開始(06/18)

エアバッグ交換未対応、部品不足も一部影響(06/18)

ラカイン漂着難民、92人はロヒンギャと確認(06/18)

旧型車の買い替えを助成、政府が検討(06/18)

首都圏の鉄道複線化事業、政府は再入札視野(06/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン