1~3月の経常収支、赤字幅5億ドル縮小

インドネシア中央銀行が11日に発表した第1四半期(1~3月)の国際収支統計(速報値)によると、海外とのモノやサービスの取引状況を示す経常収支は55億4,200万米ドル(約6,100億円)の赤字だった。サービス収支や所得収支の赤字縮小などで、赤字幅が前期から5億米ドル縮小…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:インドネシアは既に女性…(04/22)

東南アジア主要6カ国に出店 3年以内に、菓子パンの八天堂(04/22)

チカラン校で第1回入学式 小中学部で計52人が入学・編入(04/22)

ブカシ県のセクター別最低賃金、8%上昇(04/22)

3月の自動車生産台数、0.8%増の11万台(04/22)

二輪車の3月販売台数、首位ホンダは11%増(04/22)

天然ゴム産業、今年は業績改善を予測(04/22)

リッポー、2億ドル調達でメイカルタ続行(04/22)

首都南部オフィス、テクノロジー企業が55%(04/22)

重機コベクシンド、中国のトラック販売(04/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン