株価反発、興行ゲンティンは10%高

11日のシンガポールの株式相場は反発。ST指数の終値は前日比32.58ポイント(0.92%)高の3,570.17。売買高は18億5,520万株、売買代金は14億2,940万Sドル(約1,171億円)だった。値上がり銘柄は243で、値下がりは143。 ロイター通信によると、米消費者物価指数(CPI)上昇率…

関連国・地域: マレーシアシンガポール米国
関連業種: 経済一般・統計金融・保険観光・娯楽


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:自転車シェアサービスの…(07/16)

【人事】Gunosy社長に竹谷祐哉氏ほか(07/16)

4~6月期のGDP、3.8%増 製造業やサービス業で伸び減速(07/16)

【予定】16日 米ロ首脳会談ほか(07/16)

エバラ食品、8月に子会社を設立(07/16)

航空庁、欧州安全機関とドローン安全基準策定(07/16)

【プロの眼】知っておくのは親の義務、帰国子女受験の傾向と対策(07/16)

オロ、クロスフィニティの子会社買収(07/16)

デロイトトーマツ、アジア太平洋での展開加速(07/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン