公海の生物多様性守れ、新条約交渉が本格化へ

【共同】魚や薬の原料になり得る生物など、どの国の主権も及ばない公海にいる生物の多様性を守り、乱獲を防いで末永く利用することを目指す新たな国際条約の策定に向けた交渉が、9月から本格化することになった。各国が米ニューヨークで開いた準備会合で当面の議論の進め方などに…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: 農林・水産マクロ・統計・その他経済政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:シンガポールが世界に誇…(09/24)

勃興するスタートアップ 技術のインド、親和性のASEAN(09/24)

電力小売自由化が11月本格始動 12事業者参入、来年5月完全開放(09/24)

編集長がアジア近況を語る、NNAセミナー(09/24)

三井製糖、砂糖販売SISを子会社化(09/24)

ソニー生命とスターツ証券、保険代理店を開業(09/24)

株価大幅続伸、金融DBSは3.2%高(09/24)

SIA、エアバスの超長距離機を世界初受領(09/24)

大型バーゲンGSS、来年は1カ月に短縮(09/24)

【予定】24日 日米貿易協議の第2回閣僚級会合ほか(09/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン