四川路橋、電池材料生産会社を新設

四川省成都市に本拠を置く建設会社の四川路橋建設集団は10日、リチウムイオン電池向け三元系正極材料を生産する新会社を設立すると発表した。 新会社は、リチウムイオン電池材料メーカーの四川科能リ電(リ=金へんに里)、科学技術の開発を手掛ける四川緑然科技集団、投資会社で…

関連国・地域: 中国-四川
関連業種: その他製造建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

国際特許、アジアが過半数=18年出願(03/20)

テイクオフ:地下鉄に乗っているとさ…(03/20)

国内最長の橋建設、中国が2億ドル援助(03/20)

原発が4年ぶり新規着工へ 福建と広東、20年向け建設加速か(03/20)

昨年の国際特許出願、中国は2位を維持(03/20)

和平実現、想定より時間が必要=米大使(03/20)

中国銀行、商業省内に「中国デスク」設置へ(03/20)

中国企業のM&A、一帯一路沿線国で増加(03/20)

工業団地アマタ、中国企業の移転需要増予測(03/20)

ランメイ航空機、エンジン故障で引き返す(03/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン