• 印刷する

ジョリビー、香港式点心店ア太でFC展開へ

フィリピンの外食最大手ジョリビー・フーズ(JFC)はこのほど、香港の点心専門店「添好運(ティムホーワン)」のアジア太平洋地域のフランチャイズ(FC)権を取得すると発表した。投資額は4,500万シンガポールドル(約37億円)。海外事業の強化につなげる。

完全子会社ジョリビー・ワールドワイドを通じて、プライベートエクイティー(PE)ファンドのタイタン・ダイニング(資産規模は1億シンガポールドル)に45%出資する。タイタンは、香港を除くアジア太平洋地域で添好運の長期的フランチャイズ(FC)権を持つティム・ホー・ワン(THWPL)の株式100%を取得している。THWPLは、シンガポールで添好運を展開するディム・サム(DSPL)を傘下に持つ。THWPLとDSPLは、FC店舗を合わせてアジア太平洋地域で40店舗を展開している。

JFCは「チャウキン(超群)」をはじめ、中華料理レストランを3ブランド展開している。2017年の売り上げのうち、3ブランドは23%を占めた。

JFCの18年第1四半期(1~3月)連結決算は、売上高が前年同期比19%増の351億ペソ(約732億円)、純利益が17%増の18億ペソだった。国内外での事業拡大が好調だった。

JFCは3月末時点で、国内2,895店舗、海外943店舗の計3,838店舗を展開。4月に米ハンバーガーチェーン「スマッシュバーガー」を子会社化し、店舗数は4,000店舗を超えた。


関連国・地域: 香港フィリピン
関連業種: 食品・飲料サービスマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:19歳少年の快挙である…(10/17)

電力供給にリスク再び 認可停滞、事業環境改善かすむ(10/17)

東南アジアの訪日者、9月は21%増と好調(10/17)

南北通勤鉄道、新工事区間に6社応札(10/17)

東南アジアの成長率予測、5カ国で下方修正(10/17)

経済区庁と経済界、税制改革巡り意見調整(10/17)

複合メトロパシ、GICなどが増資引き受け(10/17)

石油規制緩和法の改正、エネ省が閣議提案(10/17)

ケソンの超臨界圧火力発電所、正式稼働(10/17)

国営石油子会社トップ、事実上の解任(10/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン