サムスン合併、エリオットの被害7億ドルか

「物言う株主」として知られる米ヘッジファンドのエリオット・マネジメントは、2015年の韓国・サムスングループ傘下のサムスン物産と第一毛織の合併で同社が受けた被害を6億7,000万米ドル(約732億6,000万円)と試算していることが11日、分かった。ロイター通信の取材に対し、マリ…

関連国・地域: 韓国
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

政策金利据え置き、7回連続=韓国銀行(11:51)

テイクオフ:韓国のMBCラジオに「…(10/18)

サムスンが車載半導体に本腰 ドイツで独自ブランドを公開(10/18)

9月輸出額8.2%減、連休が影響(10/18)

韓国現代ウィア、工作機械の越事務所を開設(10/18)

国内回帰企業への支援拡大、韓国政府(10/18)

韓国の競争力、世界で15位=WEF(10/18)

会社員の週平均労働時間、49時間55分(10/18)

国営通信の電子決済事業、韓国同業と提携(10/18)

サムスン電子、スペイン通信分析業者を買収(10/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン