「生産と投資は調整局面」 韓国政府、悲観的見解から修正も

韓国政府は11日に発刊した「最近の経済動向」の5月版で、鉱工業生産と投資が「調整局面」にあると判断した。2017年12月から使用し続けてきた「回復基調が続く」という表現を変更。これを悲観的に捉える報道がされたことを受け、表現を再度「回復基調にある」に修正した。政府の公…

関連国・地域: 韓国
関連業種: その他製造マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

韓国ポスコ、中部のガス火発に参画意欲(09/24)

【予定】24日 日米貿易協議の第2回閣僚級会合ほか(09/24)

【訃報】秋山努氏(元静岡ガス社長)ほか(09/24)

韓国の農薬メーカー、越同業を買収(09/24)

韓国の製薬会社、越への輸出・進出増加(09/24)

16カ国参加のRCEP交渉が加速(09/24)

アジアに経済圏、交渉加速(09/24)

日本企業、韓国で商機探る 中小企業商談会開催(09/21)

製薬・バイオの研究開発費に会計処理指針(09/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン