憲法裁、徴税目的の金融情報アクセスを支持

インドネシアの憲法裁判所は9日、徴税目的での金融情報へのアクセスに関する政令『2017年第9号』の撤廃を求める訴えを棄却し、税務局に銀行口座に関する情報にアクセスする権利があるとの判断を支持した。11日付ジャカルタ・ポストが伝えた。 訴訟はインドネシア大学の講師らが…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 金融・保険社会・事件政治


その他記事

すべての文頭を開く

ステンレスにAD調査、日本製など=商務省(12:22)

ダナモン系金融、中古二輪の通販サイト開設(14:46)

テイクオフ:東南アジアでタクシー小…(07/23)

【人事】シーアールイー取締役に小泉武宏氏ほか(07/23)

1~6月の新車輸出は3%減 ガイキンド、越規制じわり影響(07/23)

【予定】23日 大島理森衆院議長が中国訪問ほか(07/23)

大和ハウス、海外最大の都市開発事業が始動(07/23)

【訃報】塙昭彦氏(元イトーヨーカ堂専務)(07/23)

アジア大会期間中、高速道路19区間を閉鎖(07/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン