憲法裁、徴税目的の金融情報アクセスを支持

インドネシアの憲法裁判所は9日、徴税目的での金融情報へのアクセスに関する政令『2017年第9号』の撤廃を求める訴えを棄却し、税務局に銀行口座に関する情報にアクセスする権利があるとの判断を支持した。11日付ジャカルタ・ポストが伝えた。 訴訟はインドネシア大学の講師らが…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

国際自動車展、IIMS開幕 中韓など9ブランドが新モデル(04/26)

【アジア三面記事】猫カフェ、実は悪徳ブリーダー(04/26)

国際自動車展、欧州2ブランドも新モデル(04/26)

国産電動バイクと伊バイクの2社が初出展(04/26)

新日本コンサルが現法設立(04/26)

独ショット、医療用ガラス容器の生産増強(04/26)

国営建設子会社、西ジャワ州に新工場建設へ(04/26)

ピザハット運営社、年内にブカシに工場完成(04/26)

IoT関連機器の技術規定、年内に制定へ(04/26)

パナ、最上級スキャナーを5カ月に20台販売(04/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン