石化インドラマが85%増益、M&A効果で

タイの石油化学大手、インド系インドラマ・ベンチャーズは10日、2018年第1四半期(1~3月)連結決算を発表し、中核部門の純利益が前年同期比85%増の1億7,500万米ドル(約190億円)だったと発表した。推し進めてきた企業の合併・買収(M&A)で生産量が拡大したほか、ポリエ…

関連国・地域: タイ
関連業種: 化学マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「もうすぐ新年。来年は…(12/20)

中銀、7年ぶりに利上げ実施 低インフレも景気回復し1.75%に(12/20)

1~11月の車生産、5年ぶり2百万台目前(12/20)

11月の車輸出10%減、オセアニアがマイナス(12/20)

PTTOR、来年の潤滑油販売9%増目標(12/20)

工業省、鉄鋼業界の発展計画の策定求める(12/20)

ポリマーのPTT、ミャンマーに新会社設立(12/20)

PTTEPが5年間投資計画、総額1.8兆円(12/20)

瀾滄江メコン川協力基金、800万ドルを支援(12/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン