• 印刷する

北海道総合商事、高糖度トマトの輸出計画

ラムドン省で栽培される高糖度トマト。写真は昨年12月撮影

ラムドン省で栽培される高糖度トマト。写真は昨年12月撮影

北海道銀行や道内企業が出資する北海道総合商事(札幌市)は、中部高原ラムドン省で高糖度トマトの栽培に成功し、周辺国への輸出も計画している。

同社は、農業事業を手掛けるアド・ワン・ファーム(札幌市)、ベトナムで食品製造や飲食業を営むロータスFID(ホーチミン市)と合弁会社「北海道ロータスファーム」を設立し、ラムドン省で高糖度トマトを栽培している。ベトナムのトマトの糖度は5度前後だが、同社が栽培する高糖度トマトは糖度10度以上と甘みが強いのが特徴だ。ロータスFIDが先月ホーチミン市で開催した食品フェアでは、260キログラムがほぼ完売した。

今後、ロータスFIDが展開する飲食店やスーパーマーケットで販売する予定。高価格帯を予定しているが、贈答用としての需要を取り込むとしている。また、ベトナム国内で好評を得たことから、香港やシンガポールなど周辺国にも輸出していく計画という。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 農林・水産

その他記事

すべての文頭を開く

VJCC塾生、広がる輪 経営改革へ「日本式」伝搬(下)(11/21)

三菱グループが住宅開発加速 中心部でコンド、郊外に低価格物件(11/21)

伊藤忠エネクス、カーライフ事業を越展開(11/21)

ベトジェット、外銀と152億円の協調融資(11/21)

中古旅客機、製造10年超えは輸入禁止(11/21)

奇力新が越に生産移管、20年上期に完了(11/21)

FLCホームズ、1株1.5ドルで12月上場へ(11/21)

東南アの実質昇給率、20年は3~5%台(11/21)

SCIC、シエンコ5の株40%を売却へ(11/21)

東南ア訪日者24%増、全ての国で2桁成長(11/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン