新興国が軒並み通貨安、米金利上昇で

【ワシントン共同】アルゼンチンやトルコ、インドネシア、インドといった新興国の通貨が、ドルに対し軒並み大幅下落している。米金利上昇に加え、信用不安や原油価格の上昇など各国の事情による要因もあり、投資家が資金を新興国から引き揚げ米国に移す動きが強まっているためだ。…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 金融


その他記事

すべての文頭を開く

2700カ所の投票所が再投票を申請(21:30)

MRTドゥクアタス駅、21年にLRTと接続(21:37)

首都政府、土地建物税免除の州知事令を改定(21:37)

IMF、カンボジア経済のリスク指摘(04/24)

テイクオフ:渋滞の先で事故が起きて…(04/24)

【この人に聞く】建築設計事務所ブリコルール 内資法人としてインドネシア進出(04/24)

西ジャワ州3県・市の業種別最低賃金が決定(04/24)

パナ、プロ用ミラーレス一眼カメラを販売へ(04/24)

商用車展示会、来年は3月5~8日に開催(04/24)

トラック通行規制、レバラン前後6日間実施(04/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン