ヒンズー団体、フリップカート買収に異議

インドのヒンズー至上主義団体、民族義勇団(RSS)の経済部門は9日、米小売り大手ウォルマートによる地場インターネット通販大手フリップカートの買収に関する発表を受けてモディ首相に書簡を送り、「国益」の保護に向けた介入を要請した。PTI通信が伝えた。

書簡で特に強調したのは零細小売業者への影響。ウォルマートは中国製品の扱いが多く、インド市場への参入は、商店ばかりか、中小の製造業者に致命的に打撃を与えると主張する。

そもそも、ウォルマートによるフリップカートの買収は総合小売業への外国企業の参入を禁じた既存法令の「迂回(うかい)」で、市場への「裏口参入」という。売り手と買い手に取引の場を提供する「マーケットプレース」方式でウォルマートが事業を展開する地域は、世界のどこにもないとも指摘した。

RSSは、モディ首相が率いる与党、インド人民党(BJP)の思想的な後ろ盾とされる。書簡はプラブ商工相にも送られた。消息筋によると、同相は内容を検討する考えを示したという。


関連国・地域: インド
関連業種: IT・通信商業・サービス社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:インドのサービス産業が…(05/23)

医薬品輸出が20年に200億ドル 後発薬が好調も品質でリスク(05/23)

タタと東電、発電所の最適化モデル開発へ(05/23)

石炭の供給制限、自家発電企業が抗議(05/23)

巨大市場めぐり競争激化、印進出の日韓企業(05/23)

サムスンの工場拡張、携帯生産に年内着手(05/23)

Rジオ、エストニアに子会社設立へ(05/23)

電子機器の輸出促進政策、6月にも最終案(05/23)

大学生の携帯端末チェック、1日平均150回(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン