ヒンズー団体、フリップカート買収に異議

インドのヒンズー至上主義団体、民族義勇団(RSS)の経済部門は9日、米小売り大手ウォルマートによる地場インターネット通販大手フリップカートの買収に関する発表を受けてモディ首相に書簡を送り、「国益」の保護に向けた介入を要請した。PTI通信が伝えた。

書簡で特に強調したのは零細小売業者への影響。ウォルマートは中国製品の扱いが多く、インド市場への参入は、商店ばかりか、中小の製造業者に致命的に打撃を与えると主張する。

そもそも、ウォルマートによるフリップカートの買収は総合小売業への外国企業の参入を禁じた既存法令の「迂回(うかい)」で、市場への「裏口参入」という。売り手と買い手に取引の場を提供する「マーケットプレース」方式でウォルマートが事業を展開する地域は、世界のどこにもないとも指摘した。

RSSは、モディ首相が率いる与党、インド人民党(BJP)の思想的な後ろ盾とされる。書簡はプラブ商工相にも送られた。消息筋によると、同相は内容を検討する考えを示したという。


関連国・地域: インド
関連業種: IT・通信商業・サービス社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

【予定】18日 TPP首席交渉官会合ほか(07/18)

テイクオフ:企業や民家をアポ無しで…(07/18)

【人事】共立印刷社長に佐藤尚哉氏ほか(07/18)

モディ首相の実績を評価 WEF元幹部、「再選が濃厚」(07/18)

【訃報】三好孝彦氏(元日本製紙社長)(07/18)

印企業の景況感、6月調査は前回から横ばい(07/18)

物流アダニが日本郵船と合弁、車の鉄道輸送(07/18)

【アジア自動車データ集】二輪販売(325)(07/18)

香港物流大手がインドに進出、3都市に倉庫(07/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン