ソフトバンク純利益27%減、売上高は過去最高

【共同】ソフトバンクグループが9日発表した2018年3月期連結決算は、純利益が前期比27.2%減の1兆389億円で2年ぶりの減益となった。スマートフォンの販売が堅調で、売上高は2.9%増の9兆1,587億円と過去最高を更新した。 純利益が減ったのは、前期に計上した中国の電子商取引…

関連国・地域: 日本
関連業種: IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

運転手急病で緊急停止、日野が商用車で世界初(05/23)

比人看護師・介護士候補313人 国家資格合格目指し6月出国(05/23)

4月貿易黒字6260億円、車対米輸出伸び30%増(05/23)

四輪生産、1~4月44.6万台 同期の輸出台数は一転して3%増(05/23)

日亜化学、特許侵害でASUS日本を提訴(05/23)

金融庁、日本との通貨スワップ協定を改定(05/23)

GSユアサ、ティラワに輸入・卸販売拠点(05/23)

EUデータ規制25日施行、日本企業対応急ぐ(05/23)

タタと東電、発電所の最適化モデル開発へ(05/23)

ホンダの四輪車販売、4月は単月最高に(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン