カシオがデジカメ撤退、草分けもスマホに勝てず

【共同】カシオ計算機は9日、デジタルカメラ事業から撤退すると発表した。液晶画面で画像を確認する撮影スタイルを確立させた草分けとして知られるが、高画質のカメラ機能を備えたスマートフォンの普及には勝てず、営業赤字が続く事業の立て直しは困難と判断した。 「EXILI…

関連国・地域: 日本
関連業種: 電機


その他記事

すべての文頭を開く

進出日本企業は100%成功=ルーマニア貿易相(05/25)

鴻池運輸、鉄道輸送を強化 日系企業の需要取り込み狙う(05/25)

電気自動車、産官で温度差 技術開発の投資先行に産業界困惑(05/25)

車部品、1~3月は5%増 市場回復もメーカーで明暗(05/25)

テイクオフ:「お墓、どうします?」…(05/25)

農業省が一村一品運動を始動 地域を活性化、大分の団体も支援(05/25)

ユニー、香港事業から撤退 3億ドルで全株売却、営業は継続(05/25)

4月の新車販売、25%増の7.9万台(05/25)

UDトラックスが新型クオン発売、海外2カ国目(05/25)

イオンモール、30日に2号店開業(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン