学生にとって割安な都市、KLは世界2位

英国の大学評価機関クアクアレリ・シモンズ(QS)がこのほど発表した学生にとっての都市ランキングで、マレーシアの首都クアラルンプールが「割安さ」で世界2位に入った。前年のランキングは1位だった。

QSは「生活費の安さと比較的安い学費」をクアラルンプールの特徴に挙げた。1位はブダペスト(ハンガリー)で、3位以下はリヤド(サウジアラビア)、トムスク(ロシア)、新竹(台湾)の順だった。

クアラルンプールの総合順位は37位で、前年(41位)より4ランク上昇した。カテゴリー別の順位は、適性(77位)、雇用活動(66位)、学生の感想(37位)だった。

総合順位の1~3位はロンドン、東京、メルボルンの順。アジアの都市では東京のほか、ソウル(10位)、香港(12位)、シンガポール(15位)、京都・大阪・神戸(19位)、台北(20位)、北京(26位)、上海(29位)がクアラルンプールより高い評価を受けた。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:先日、初めて民泊サービ…(07/18)

【予定】18日 TPP首席交渉官会合ほか(07/18)

SST新税率、売上税は10% サービスは6%、来月閣議承認へ(07/18)

【人事】共立印刷社長に佐藤尚哉氏ほか(07/18)

JNTO、訪日報奨ツアー誘致セミナー開催(07/18)

【訃報】三好孝彦氏(元日本製紙社長)(07/18)

RM=27.7円、$=4.04RM(17日)(07/18)

サルコン、スリランカでポンプ場建設を受注(07/18)

エアアジア、エアバスと230億ドルの契約か(07/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン