地場エリート、ティラワLPG施設1期完成

ミャンマーで石化製品を供給するエリート・ペトロケミカルは、最大都市ヤンゴン郊外のティラワ経済特区(SEZ)で進める液化石油ガス(LPG)貯蔵施設の建設計画の第1期が完成したと明らかにした。3,000トンのLPGを積載可能な船舶が停泊できる埠頭(ふとう)を備えている。…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 天然資源電力・ガス・水道


その他記事

すべての文頭を開く

シンガ企業の投資関心高く 卸売・小売など、向こう2年で(11/20)

鉱物銀行が開業、中小企業向け融資実施へ(11/20)

翡翠業界、中国取引業者の値引きに悲鳴(11/20)

マンダレー、ASENスマート都市網候補に(11/20)

電力省、9管区・州で風力発電の事業化調査(11/20)

観光客減少も、ホテル投資は増加傾向(11/20)

国連、ホテル産業のプラごみ削減で研修実施(11/20)

セメント工場の石炭使用に住民反対、カイン(11/20)

マグウェーの太陽光発電、19年暑期に稼働(11/20)

配車ファストゴー、ミャンマー進出へ(11/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン