北京の国有企業25社、雄安新区と協議

北京市政府傘下の国有企業25社は7日、河北省保定市の新興開発地域である雄安新区の当局と、同区の開発について協議を行った。北京市企業は現地のインフラ建設や北京―雄安新区間の交通網整備、公共サービスなど各分野で、開発への参画を加速する。10日付河北日報が伝えた。 協議…

関連国・地域: 中国-河北
関連業種: 建設・不動産運輸マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

中国と覚書2件、通訳養成校など設立(12/18)

セサン水力発電所が本格稼働 国内最大、輸入電力低減へ(12/18)

一帯一路にどう向き合うか、学術団体がシンポ(12/18)

テイクオフ:雪はまだとは言え、氷点…(12/18)

「債務のわな」に慎重姿勢か 中国のインフラ協力、識者に聞く(12/18)

香港の旅行者、6千万人超へ 陳長官が表明、高鉄・大橋が貢献(12/18)

【改革開放40年】(3)巨大市場へ 所得急増、解き放たれた消費力(12/18)

パナソニック、新竹に半導体材料のR&D拠点(12/18)

首相、中国企業のダラサコル開発事業を絶賛(12/18)

米の関税率引き上げ、実施なら3月2日か(12/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン