《日系進出》ヤクルト、貴州省貴陽に支店設置

乳酸菌飲料大手のヤクルト本社は9日、中国子会社の養楽多(中国)投資を通じて、貴州省貴陽市に支店を設立し、6月からスーパーマーケットなどの店頭で乳酸菌飲料「ヤクルト」および「ヤクルトライト」の販売を始めると発表した。

新支店はヤクルトとしては43カ所目の中国販売拠点となる。貴陽市および周辺都市を管轄する。18年度の商品販売計画は1日当たり8,900本。

ヤクルトは、貴州省のある中国南西部では既に雲南省昆明市と広西チワン族自治区南寧市にそれぞれ支店を設けており、貴陽支店の設立で販売体制がさらに充実するとしている。


関連国・地域: 中国-貴州日本
関連業種: 食品・飲料商業・サービス

その他記事

すべての文頭を開く

進出日本企業は100%成功=ルーマニア貿易相(05/25)

米商務長官、6月2~4日に訪中(05/25)

国有企業の純利益、1~4月は18.4%増(05/25)

新浪、香港でセカンダリー上場を検討か(05/25)

22年北京五輪、公式グッズメーカーを募集(05/25)

電池大手が中国で供給拡大か 補助金対象入りの可能性、現地紙(05/25)

ユニー、香港事業から撤退 3億ドルで全株売却、営業は継続(05/25)

自貿区の対外開放を拡大 国務院、広東など3カ所で(05/25)

米国の輸入車関税案に反発、中国商務省(05/25)

サービス貿易を振興、指定17地域で(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン