コーヒー栽培6業者、初の国際認証を取得

ミャンマーの国営農園4カ所と民間の農家2軒が、コーヒー栽培者として国内で初めて、食品安全の国際基準である適正農業規範(GAP)認証を取得した。ミャンマー・タイムズ(電子版)が9日伝えた。

北中部マンダレー管区の高原避暑地ピンウールウィン(旧メイミョー)にある「コーヒー研究・情報・普及・訓練センター」のメイ・テ・ライン氏によると、2017年度(17年4月~18年3月)にGAP認証を申請した20以上の企業・個人のうち、国営コーヒー農園4カ所と民間コーヒー農家2軒が取得に成功した。認証は1年間有効となる。

認証を取得したコーヒー農家のミン・フライン氏は、「GAP認証を取得するためには、水や肥料、殺虫剤、種子の品質、従業員用の部屋の衛生環境など多くの分野でGAP基準を満たさなければならない」と説明した。

ミャンマー産コーヒーは現在、品質により異なるが、1トン当たり4,000~7,000米ドル(約44万~77万円)で輸出されている。昨年11月に中国で開かれたコーヒーの展示会で、ミャンマー産コーヒーの品質と味覚が48カ国・地域で2位になるなど、国際的な評価が高まる中、GAP認証の取得で、海外市場への販売機会がさらに拡大するとの期待が高まっているという。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 農林・水産

その他記事

すべての文頭を開く

ヤンゴン環状高速道、年内入札 建設省が関心表明書募集(05/22)

労働紛争解決法、再改正法案を近く国会提出(05/22)

ヤンゴン管区、ガソリン価格の引き下げ推進(05/22)

シンガのフィンテック、家畜を担保に融資へ(05/22)

英系英会話教室、ミャンマー事業拡大へ(05/22)

農村部の太陽光発電設備、品質重視で選定(05/22)

ラカイン問題は民主化の障害=米国際開発庁(05/22)

中国向けのゾウ密猟が横行、肉需要で(05/22)

【ミャンマー進出関連法】新会社法(11) 第139回(05/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン