• 印刷する

2月のFDI純流入、46%増の5.7億ドル

フィリピン中央銀行は10日、2018年2月の外国直接投資(FDI)の流入額(引き揚げ分を差し引いたネットベース)が前年同月比46.4%増の5億7,300万米ドル(約629億5,320万円)だったと発表した。中銀は、経済のファンダメンタルズ(基礎的条件)が強固で、成長見通しに対する投資家の信頼感が高まっていると指摘した。

株式資本の流入が26.0%増の1億6,100万米ドルとなり、全体の約3割を占めた。うち収益の再投資は1.7%減の6,500万米ドル。親会社とフィリピン子会社間の融資など負債性資本は、56.3%増の4億1,200万米ドルで、FDIの流入額を大きく押し上げる要因となった。

流入は、主に香港、米国、中国、オランダ、日本からだった。業種別では、芸術、娯楽、不動産、製造、建設、電気・ガス・蒸気・空調供給への投資が目立った。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

米中貿易戦争、比は年間47億円受益(09/21)

米レミットリー、送金シェア4割めざす(09/21)

DFNN、シンガポールのCYGと合弁へ(09/21)

伝統ジプニー、あと2年で幕 17万台廃車、新PUVの商機に(09/21)

マニラとセブのBRT、運輸省が一転推進へ(09/21)

地方2空港の開発案、運輸省は年内に承認(09/21)

博報堂が2社の株式取得、現地対応力を強化(09/21)

8月の国際収支、8カ月ぶり黒字(09/21)

20日為替:$1=54.075ペソ(↓)(09/21)

首都圏オフィス契約、BPO需要で前年突破(09/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン