2月のFDI純流入、46%増の5.7億ドル

フィリピン中央銀行は10日、2018年2月の外国直接投資(FDI)の流入額(引き揚げ分を差し引いたネットベース)が前年同月比46.4%増の5億7,300万米ドル(約629億5,320万円)だったと発表した。中銀は、経済のファンダメンタルズ(基礎的条件)が強固で、成長見通しに対する投資家の信頼感が高まっていると指摘した。

株式資本の流入が26.0%増の1億6,100万米ドルとなり、全体の約3割を占めた。うち収益の再投資は1.7%減の6,500万米ドル。親会社とフィリピン子会社間の融資など負債性資本は、56.3%増の4億1,200万米ドルで、FDIの流入額を大きく押し上げる要因となった。

流入は、主に香港、米国、中国、オランダ、日本からだった。業種別では、芸術、娯楽、不動産、製造、建設、電気・ガス・蒸気・空調供給への投資が目立った。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 経済一般・統計金融・保険

その他記事

すべての文頭を開く

上場済み企業の新浮動株ルール、公表遅れ(17:18)

財閥アヤラ、石炭火力発電資産の5割売却へ(17:11)

欧州からの旅行者が半減、ボラカイ島閉鎖で(17:11)

テイクオフ:突然の出来事だった。会…(05/21)

財閥7社、1Qは2桁の増収 一部で税制改革影響も好調継続(05/21)

国際収支は4カ月連続赤字、4月2.7億ドル(05/21)

今年成長率予測、BMIは6.5%に上方修正(05/21)

卸売物価指数、3月上昇率は5.4%に加速(05/21)

4月外国人証券運用、2.7億ドルの買い越し(05/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン