南部パクセの堤防建設、進捗率10%超に

ラオス南部チャンパサック県パクセのメコン川周辺で進む堤防建設で、進ちょく率が10%を超えたことが分かった。2021年に完工する見通し。ビエンチャン・タイムズ(電子版)が10日伝えた。 建設工事の責任者は「雨期が始まる前に基礎工事に集中している」と説明。「工事が順調に進…

関連国・地域: ラオス日本
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

首相が北部を視察、民間投資の精査を指示(04/19)

高速鉄道接続の加速、中国・タイと合意(04/18)

中国企業、ボーテン特区の開発加速に百億元(04/12)

サッカー協会、ラオスに技術委員長を派遣(04/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン