南部パクセの堤防建設、進捗率10%超に

ラオス南部チャンパサック県パクセのメコン川周辺で進む堤防建設で、進ちょく率が10%を超えたことが分かった。2021年に完工する見通し。ビエンチャン・タイムズ(電子版)が10日伝えた。 建設工事の責任者は「雨期が始まる前に基礎工事に集中している」と説明。「工事が順調に進…

関連国・地域: ラオス日本
関連業種: 経済一般・統計建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

首都のバスターミナル、改修再開へ解決要請(07/24)

北朝鮮、ラオスなどに代表団派遣(07/24)

メジャー、ビエンチャンに2つ目の映画館(07/24)

ビエンチャン、飲酒運転の罰金最大20倍に(07/23)

セルバ、ラオス北部で水力発電所受注(07/23)

ラオス日系特区初の工場完成 三幸工務店、高品質コンクリ製造(07/20)

ビエンチャン政府、道路改修の資金不足(07/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン