中国手本に経済特区開発 開発評議会、南部が成功事例に

カンボジア開発評議会(CDC)は、「世界の工場」になった中国を一つの手本に国内の経済特区(SEZ)を開発していく方針を示している。特に外資の投資が集まる深センを成功モデルにし、一段の投資誘致につなげたい考え。南部シアヌークビル州の中国資本で開発されたSEZは、…

関連国・地域: 中国カンボジア
関連業種: 経済一般・統計電力・ガス・水道金融・保険建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

サタパナ銀がジャパンデスク 相談窓口集約、顧客開拓を強化(07/23)

首都に新環状道路、中国が2.6億ドル支援(07/23)

【人事】シーアールイー取締役に小泉武宏氏ほか(07/23)

ラックランド、イオン2号店の内装施工(07/23)

【予定】23日 大島理森衆院議長が中国訪問ほか(07/23)

アクレダ銀系、上場に向け準備(07/23)

【訃報】塙昭彦氏(元イトーヨーカ堂専務)(07/23)

求職者に就職の壁、協調性など不足(07/23)

ア開銀支援の太陽光設備、11月に調査完了(07/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン