中国手本に経済特区開発 開発評議会、南部が成功事例に

カンボジア開発評議会(CDC)は、「世界の工場」になった中国を一つの手本に国内の経済特区(SEZ)を開発していく方針を示している。特に外資の投資が集まる深センを成功モデルにし、一段の投資誘致につなげたい考え。南部シアヌークビル州の中国資本で開発されたSEZは、…

関連国・地域: 中国カンボジア
関連業種: 建設・不動産電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

JICA理事長賞、ラオスなどが受賞(09/26)

首都のゴミ問題が深刻化 1日2700トン、住民に協力要請(09/26)

車両識別番号の電子登録、税収増に貢献(09/26)

JCインター、年内に中国路線の拡充計画(09/26)

内務省、金融機関の武装護衛採用を許可(09/26)

米慈善団体、小規模農家の販路拡大を支援(09/26)

交通警察、10月から無免許の取締まり強化(09/26)

ポイペト―首都間の列車衝突、けが人なし(09/26)

【予定】26日 日米首脳会談ほか(09/26)

【人事】三栄建築設計副社長に吉野満氏ほか(09/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン