香港ドルが再び下限到達、HKMA介入せず

香港ドルは8日、一時1米ドル=7.85HKドルまで下落し、米ドルペッグ制で定める変動許容範囲(1米ドル=7.75~7.85HKドル)の下限に再び到達した。下限到達は約2週間ぶり。しかし香港金融管理局(HKMA)は今回、香港ドル買いの為替介入に動いていない。9日付星島日報が伝え…

関連国・地域: 香港米国
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

アパレル晶苑国際、5年内に生産能力2倍に(00:23)

韓国、香港で食品販売に注力 コスパに強み、韓流も追い風に(08/17)

日本食品輸出をさらに拡大へ、農水相がPR(08/17)

韓正副首相、大湾区を「国際イノベ拠点」に(08/17)

【予定】17日 米国糖尿病エデュケーター学会議ほか(08/17)

HKTSPの企業育成、5年内に500社に(08/17)

【訃報】井出洵氏(元三井生命保険常務)(08/17)

HKMA、計3回の香港ドル買い実施(08/17)

京都の「%Arabica Coffee」が1号店出店へ(08/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン