• 印刷する

香港銀行業の純利ざや、過去9年で最高水準

香港金融管理局(HKMA)によると、香港銀行業の3月末時点の純利ざやは前年末比0.02ポイント拡大の1.52%となった。2009年3月以来の高さを記録した。前年同月末からは0.14ポイント拡大した。9日付香港経済日報などが伝えた。

貸出残高は第1四半期(1~3月)に3.6%増え、年率換算では14.5%増加した。期間中の貸出を分類別にみると、域内向けと域外向けはともに3%以上の増加幅。貿易融資は5.7%伸びた。香港ドルの預貸比率は3月末時点で83%。

■点心債の発行約4倍に

HKMAによると、オフショア人民元建て債券(点心債)の発行量は、1~2月に38億人民元(約651億円)となり、17年第1四半期から3.8倍となった。

未償還の点心債残高は2月末時点で2,102億元で、前年末から1%減った。香港銀行業による人民元の貸出残高は前年末比0.5%減の1,438億元。

1~2月を対象とした香港での人民元の即時グロス決済システム(RMB RTGS)の1日平均取引額は、17年平均より4.5%多い9,442億元。香港の銀行が処理した人民元の貿易決済額は前年同期比32.5%増の6,750億元だった。


関連国・地域: 中国香港
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

香港・本土の企業資金接続 HKMAが検討、大湾区の一環(02/21)

HSBCの18年12月期、香港は2割増益(02/21)

保険のFWD、大湾区市場の開拓に意欲(02/21)

中小の銀行融資審査、18年4Qは少し容易に(02/21)

反発、大湾区関連銘柄に買い継続=香港株式(02/21)

銀聯、旧正月の香港取引額が4割増に(02/21)

1月の訪日香港人3.9%減、再びマイナスに(02/21)

大湾区は「中国のEUに」、専門家(02/21)

大湾区の貿易にワンストップサービス、広東(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン