発電所32カ所で石炭不足、稼働率上昇で

インドの火力発電所で石炭が不足している。全国で操業する114カ所のうち32カ所で7日以内に備蓄が尽きる恐れがある。電力の需要増により稼働率が高まっているためだ。エコノミック・タイムズ(電子版)などが8日伝えた。 32カ所の設備容量は計3,685万2,000キロワット(kW)に相…

関連国・地域: インド
関連業種: 天然資源電力・ガス・水道


その他記事

すべての文頭を開く

LS電線、印に電力用超高圧ケーブルを供給(13:11)

スズキが中国てこ入れ検討、現地では撤退観測も(06/21)

テイクオフ:インドへ旅行に訪れた人…(06/21)

首都圏で駐車場整備進む 地場社、IoTで運営支援(06/21)

家電の海外売上高6割に、パナの22年度目標(06/21)

CKビルラ傘下、EV部品などに60億ルピー(06/21)

EV製造業者協会、5つの部会を設置(06/21)

エアアジア、印当局の被害証明の内容を否定(06/21)

タタ自、商用車のラインアップを拡充(06/21)

シロップの仏モナン、南部に工場設置(06/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン