• 印刷する

国鉄、2大都市線改修で7月にも落札決定

ミャンマー国鉄(MR)は7月にも、2大都市間を結ぶヤンゴン―マンダレー線(総延長620キロメートル)の改修工事で落札事業者との契約を締結し、着工したい考えだ。電子メディアのイラワジが4日伝えた。

MRのバ・ミン・ゼネラルマネジャーによると、ヤンゴン―マンダレー線の入札を現在実施している。同路線は、ヤンゴン―タウングー、タウングー―ヤメティン、ヤメティン―マンダレーの3区間に分けて改修工事を行う。同ゼネラルマネジャーは「各区間に対して約3社ずつが既に応札している」と説明し、落札企業と契約を締結次第、企業名を発表すると述べた。

改修工事では、橋を修理し、ディーゼル機関車と貨物業務に最新の技術と設備を導入する。ヤンゴン―マンダレー線の所要時間は現在の14時間余りから8時間に短縮される見通し。2023年の完工を見込んでいる。

ヤンゴンーマンダレー線の改修工事は日本の円借款事業で進められ、MRは新たな車両も購入する。今年2月には、丸紅とIHIのグループ会社、新潟トランシス(NTS)が、電気式気動車24両を納入する契約を結んだ。MRが所有する機関車400台超の約半分は耐用年数を超えており、客車約1,200台の4分の1は状態が悪いという。


関連国・地域: ミャンマー日本
関連業種: 建設・不動産運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

日本支援の多目的港が完成 ティラワ、貨物増で今後も拡張(18:17)

ミャンマーに記者釈放訴え、米下院が決議採択(17:32)

18年の成長率予測引き下げ 世銀、難民問題に大きな懸念(12/14)

〔寄り道〕「10年は日本でやる。日本の技術を…(12/14)

三菱商事合弁、ヤンゴンでいすゞ販売店開所(12/14)

米、緬を宗教の自由懸念の10カ国に指定(12/14)

迫害、証拠も提出を=ロヒンギャ調査で独立委(12/14)

ヤンゴン政府、一部郡区でのバイク容認検討(12/14)

汚職防止委、ヤンゴンなどに支所を開設へ(12/14)

蒸留酒MDC、スコッチの瓶詰・販売開始へ(12/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン