首都―越ハティン鉄道、事業費は50億ドル超

ラオスの首都ビエンチャンとベトナム北中部ハティン省ブンアンを結ぶ鉄道の事業総額が、50億米ドル(約5,450億円)を上回る見通しだ。韓国国際協力団(KOICA)がベトナム運輸省に提出した調査報告で明らかになった。ビエンチャン・タイムズ(電子版)が8日、伝えた。 ラオス…

関連国・地域: ベトナムラオス
関連業種: 運輸


その他記事

すべての文頭を開く

政府管理事業を規定、投資手続きなど迅速に(01/16)

Bグリム、ラオスの水力発電所に追加投資(01/16)

19年税収目標、3%増の26兆キープに(01/15)

ビエンチャン、19年は9.5%の経済成長目標(01/11)

中国系農園が環境汚染、当局が免許剥奪も(01/11)

ラオスから戦車30両返還、ロシア(01/11)

LCCスクート、ラオス便の航空券販売開始(01/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン