• 印刷する

石油フェニックス、アスファルト工場着工

フィリピンの石油元売り大手フェニックス・ペトロリアム・フィリピンは8日、タイのアスファルト最大手などとの合弁会社が、バタンガス州の工業団地でアスファルト工場を着工したと発表した。投資額や生産能力、完工時期などは明らかにしていない。

合弁会社フェニックス・アスファルト・フィリピンが、カラカ・インダストリアル・シーポートが運営する工業団地内に建設する。石油精製の副産物を活用する。

フェニックス・アスファルト・フィリピンは、タイのアスファルト最大手ティプコ・アスファルトなどとの合弁会社で、資本金は2億7,500万ペソ(約5億8,000万円)。出資比率はフェニックスとティプコが40%、フィルアスファルト・デベロップメントが20%となっている。

フェニックスのヘンリー・ファドゥリヨン最高執行責任者(COO)は声明で、「高品質のアスファルトを提供することで、フィリピン政府のインフラ整備計画『ビルド・ビルド・ビルド』を支援する」と述べた。

フェニックスは、コンビニエンスストア「ファミリーマート」の現地運営会社の全株式を取得するなど、非石油部門の事業を拡大させている。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 化学建設・不動産天然資源

その他記事

すべての文頭を開く

LG、フィリピンに「スマートランドリー」(17:34)

テイクオフ:国民同士で助け合い、食…(04/21)

ワクチン接種、大幅に遅れ 人口の1.2%止まり、調達進まず(04/21)

新型コロナ、新たに7379人感染(04/21)

J&Jと印製ワクチン、緊急使用を承認(04/21)

3月の輸入車販売95%増、コロナ反動(04/21)

MVPグループ、従業員向け隔離施設を開設(04/21)

首都圏などのホテル21軒、隔離施設に転用(04/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン