CO2コインエナジー、ICOを開始

シンガポールの環境技術会社CO2コイン・エナジーは7日、企業が独自に仮想通貨を発行して資金を調達する「新規仮想通貨公開(ICO)」を開始したと発表した。10億円相当を調達し、磁力補助自転車の普及などに活用する方針だ。

同社は独自の技術力を生かした環境改善のプロジェクトを手掛ける企業。ICOは4月末に開始した。2カ月をかけて国内外で実施していく。

磁力補助自転車は、異なる磁極同士が引き合う力によって推進力を得る自転車。従来の電動アシスト自転車と異なり、電源が不要なため、エコ社会の実現に貢献できる。CO2コイン・エナジーは同分野で独自の技術を保有していることから、ICOで調達した資金で普及活動を推進していく。

このほか同社は、磁気の力を用いて有害物質ダイオキシンの排出を抑制する「磁力線ごみ焼却炉」の普及にも、調達した資金を活用するという。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 経済一般・統計IT・通信金融・保険社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

1~3月期GDPは4.4%増 外需回復で18年成長率を上方修正(05/25)

UDトラックスが新型クオン発売、海外2カ国目(05/25)

1~3月輸出額は1%増、前期から大幅鈍化(05/25)

1~3月期、上場企業の7割強は黒字(05/25)

大塚製薬、医薬品販売の現法設立(05/25)

ドンキ2号店、中心部で6月にオープン(05/25)

ワイズテーブル、地場企業と渋谷に飲食店(05/25)

デジタルマーケティングの米社、拠点を開設(05/25)

JTB、セントーサ島に特化した新商品発売(05/25)

サークルズ、無料の通信プラン導入(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン