• 印刷する

テイクオフ:友人からアマチュア・ボ…

友人からアマチュア・ボクシングの試合を観に行かないかと誘われて、行ってみた。会場はなんとシドニーの社交クラブ内。また、リングを囲うようにディナーテーブルが所狭しと並んでおり、社交界の文化イベントのようで驚く。ストイックな男どもが陣取る日本とは大違いだ。

プログラムは、1試合3ラウンド制で15試合。観ていると、第2試合目の選手の一人がなんと日本人だったのでまた驚いた。松岡善之選手、55キロ、30歳。若いアジア系選手との対戦で、こちらも応援に力が入った。結果は惜しくも敗れてしまったが、試合後、筆者の応援を聞いてテーブルに来てくれた。学生として来豪し、日本では看護師をしているそうだ。

ところで、彼は別として、大半のオージー選手がボクサーとはとても思えないだぶついた身体をしていたのは、アマチュアだからということで。(西嵐)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:2大スーパーのコールズ…(03/22)

豪失業率、8年ぶり5%下回る 好転も労働参加率下落には警戒感(03/22)

労働党の税改革案、不動産市場さらに低迷へ(03/22)

WA州、ネガティブギアリングの不動産多く(03/22)

NSW労働党、東部州高速鉄道開発を重視(03/22)

LNG・製造業、労働党のCO2削減案懸念(03/22)

大手企95%が完全納税、タスクフォース成果(03/22)

労働協約システムへの不満、大手企業で増加(03/22)

残虐動画の流出防止、首相が通信企と協議へ(03/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン