• 印刷する

大企業と労組が異例の共闘、豪移民政策巡り

オーストラリアの大手企業団体と最上位労組のオーストラリア労働組合評議会(ACTU)などが共闘し、連邦政府に対して移民受け入れ人数が年間目標の19万人を割り込まないように要請を始めた。大企業の経営側とACTUが連携し、政府機関に意見を表明するのは珍しい。オーストラリアンが伝えた。

ACTUと財界団体オーストラリア産業グループ(AIG)、サービス業界を代表する労働組合ユナイテッド・ボイスの3者はこのほど協定を結び、連邦政府に対して現行の移民政策を維持しながら、長期的には人口の増減に応じて受け入れ人数を調整するよう求めた。

財務省と内務省が共同で発表したリポートでは、永続的な移民の受け入れには今後30年間、オーストラリアの国内総生産(GDP)を毎年1%引き上げる効果があると予想している。

熟練労働者の受け入れによる経済的なメリットが忘れられ、移民を巡る議論に排外主義や有害性が強まるなか、ACTUなど3者にはこうした流れを押しとどめたいとの狙いもあるようだ。

オーストラリアでは2017/18年度に、移民の受け入れ数が17万~18万人に減少すると予想されている。


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:集合住宅の管理組合から…(07/16)

豪資源業界の給与、大幅上昇 全産業比較で5位内に(07/16)

BHP、一般炭事業の放出検討中?(07/16)

リオ、豪リチウム企イオニア買収計画か(07/16)

豪LNG価格交渉、値下げ要求で強硬手段も(07/16)

豪経済、刺激要因多く効果発揮近い=デロイト(07/16)

金融苦情局に非協力の金融業者、免許剥奪も(07/16)

EUとの貿易交渉、貿易相「サービス分野も」(07/16)

豪金融機関11社、価値のない信用保険を販売(07/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン