無人店舗や生体認証に注力、韓国富士通

韓国富士通は、無人店舗や人工知能(AI)専用サーバー、生体認証などの事業に力を入れ、今年2,000億ウォン(約203億円)の売り上げを目指す。毎年10%以上の成長、5年以内に売上高3,000億ウォンの達成を目標に掲げた。 無人店舗は、販売時点情報管理(POS)サービスで蓄積し…

関連国・地域: 韓国
関連業種: IT・通信商業・サービス


その他記事

すべての文頭を開く

韓国ミニストップ、売却説を否定(18:05)

LG電子、ロボスターの経営権を取得(18:09)

人工知能サービス、KTがホテルに導入(18:09)

テイクオフ:時給400円――。10…(07/18)

【予定】18日 TPP首席交渉官会合ほか(07/18)

ゲーム上場社、半数が赤字転落 中国台頭、中堅メーカーの脅威に(07/18)

【人事】共立印刷社長に佐藤尚哉氏ほか(07/18)

韓国政府、大企業と協力強化へ懇談会開催(07/18)

【訃報】三好孝彦氏(元日本製紙社長)(07/18)

韓国GSが越で整備士教育、潤滑油PRも(07/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン