• 印刷する

開城工団再開か、韓国系企業に期待も

4月27日に行われた韓国と北朝鮮の南北首脳会談をきっかけに、開城工業団地再稼働への期待感が膨らんでいる。ベトナムに進出している韓国企業からの注目も高まっている。聯合ニュースが伝えた。

開城工業団地は2016年に閉鎖。その影響でベトナムに工場を移転したり、投資拡大を余儀なくされた企業も数社ある。そのうちの一社で、ベトナム北部フンイエン省に工場を置く縫製業者は「開城工団が再開したら、当然のことながら戻る」とし「物流費、人件費、意思疎通など、すべての面において開城工団が有利」と話した。

ただし一方では、開城工業団地再開が韓国企業の対ベトナム投資に及ぼす影響は、それほど大きくないとの見方も出ている。ベトナム韓国人商工人連合会のリュ・ハンハ会長は「南北関係は現時点では良好であるものの、いつどうなるか分からない状況下で、企業が新たな投資はできないだろう」としている。ハノイ韓国人会のユン・サンホ会長も「開城工団の規模が大きくなるとしても、基盤整備に3~5年はかかるため、企業がすぐに投資計画を変えることはないだろう」と話している。


関連国・地域: 韓国北朝鮮ベトナム
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ビンF、電動スクーター発売 二輪各社の脅威になる可能性も(11/21)

千葉県知事、HCM市に介護人材で協力要請(11/21)

フォード、ハイズオン省に39カ所目の販売店(11/21)

ヤンゴン空港、欧州航空会社に就航働き掛け(11/21)

17年の燃料輸入222万トン、鉱業省(11/21)

バンブー航空、ペトロリメ子会社2社と覚書(11/21)

10月の航空4社の定時運航率、89%(11/21)

空港総公社、来年施設整備に10兆ドン(11/21)

サンケイビル、不動産HTCと資本提携(11/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン