開城工団再開か、韓国系企業に期待も

4月27日に行われた韓国と北朝鮮の南北首脳会談をきっかけに、開城工業団地再稼働への期待感が膨らんでいる。ベトナムに進出している韓国企業からの注目も高まっている。聯合ニュースが伝えた。

開城工業団地は2016年に閉鎖。その影響でベトナムに工場を移転したり、投資拡大を余儀なくされた企業も数社ある。そのうちの一社で、ベトナム北部フンイエン省に工場を置く縫製業者は「開城工団が再開したら、当然のことながら戻る」とし「物流費、人件費、意思疎通など、すべての面において開城工団が有利」と話した。

ただし一方では、開城工業団地再開が韓国企業の対ベトナム投資に及ぼす影響は、それほど大きくないとの見方も出ている。ベトナム韓国人商工人連合会のリュ・ハンハ会長は「南北関係は現時点では良好であるものの、いつどうなるか分からない状況下で、企業が新たな投資はできないだろう」としている。ハノイ韓国人会のユン・サンホ会長も「開城工団の規模が大きくなるとしても、基盤整備に3~5年はかかるため、企業がすぐに投資計画を変えることはないだろう」と話している。


関連国・地域: 韓国北朝鮮ベトナム
関連業種: 経済一般・統計

その他記事

すべての文頭を開く

イオン購買、越から2百億円 アパレルは中国からシフト(06/22)

【アジア三面記事】78歳の女性が妊娠か(06/22)

ウーバーと税務局、追徴めぐり和解協議へ(06/22)

ベトジェット、韓国大邱―ダナン線就航へ(06/22)

バンブー航空、今年末に就航か(06/22)

中部火発案件、中越JVに事業主変更か(06/22)

太陽光発電、ニントゥアン省で月内着工(06/22)

通信ベトテル、ミャンマーで100万件加入(06/22)

日系コンサル、マリタイム銀と組み進出支援(06/22)

小売サトラ、ホーチミン市の病院に店舗(06/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン