仏韓企業、トレンガヌのバイオ団地に追加投資

フランスの化学品メーカー、アルケマと韓国のCJ第一製糖(CJ)は、マレーシア・トレンガヌ州のクルテ・バイオポリマー団地(KBP)にある合弁企業CJアルケマの拡張に12億リンギ(約335億円)を追加投資する方針だ。ニュー・ストレーツ・タイムズ(電子版)が伝えた。 両社…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: 化学


その他記事

すべての文頭を開く

航空貨物MASカーゴ、ハラル市場参入へ(19:44)

カントリーハイツ、不動産の売却検討(17:19)

ペナン土砂崩れで4人死亡、違法工事原因か(19:48)

テイクオフ:マレー鉄道(KTM)の…(06/27)

上期の景況感、前期に続き下落 来期は改善予想、JACTIM(06/27)

RM=25.8円、$=4.14RM(26日)(06/27)

マレーシア航空再建、売却も依然視野=首相(06/27)

KL高裁、エアアジアの司法審査請求を棄却(06/27)

鉄鋼タシン、IPOでペナンに生産拠点設立(06/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン