【インドを解く】食糧穀物生産、過去最高の予測

第470回 2017/18年度ラビ作(冬場作)の小麦や豆類などの食糧穀物の植え付け面積は前年度比5.32%減の6,428.8万ヘクタールだった。中でも、ラビ作の中心を占める小麦の植え付け面積は前年度比13.59%減の3,043万ヘクタールに大幅に減少した。このラビ作の植え付け面積をふまえ農業…

関連国・地域: インド
関連業種: 農林・水産


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:オンラインの買い物が素…(06/25)

デジタル関連事業の拡大推進 シングテル、全売上高の24%に(06/25)

照明市場、LEDが7割に パナ傘下、4年でシェア6%狙う(06/25)

家電ゴドレジ、洗濯機生産を1.5倍に拡大へ(06/25)

EV補助金、乗用車を対象外に(06/25)

シュコダ、独VWのプラットフォーム導入へ(06/25)

サプラエナジー、9件18億リンギの受注獲得(06/25)

二輪ロイヤル、本年度は95万台を生産見通し(06/25)

携帯レモンモバイル、強化ガラスを生産へ(06/25)

インドへの電子ビザ、発給手数料を無料化(06/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン