【インドを解く】食糧穀物生産、過去最高の予測

第470回 2017/18年度ラビ作(冬場作)の小麦や豆類などの食糧穀物の植え付け面積は前年度比5.32%減の6,428.8万ヘクタールだった。中でも、ラビ作の中心を占める小麦の植え付け面積は前年度比13.59%減の3,043万ヘクタールに大幅に減少した。このラビ作の植え付け面積をふまえ農業…

関連国・地域: インド
関連業種: 農林・水産


その他記事

すべての文頭を開く

17年の結核患者1千万人、30年終息遠い=WHO(09/20)

テイクオフ:デリー市内で一番大きい…(09/20)

インド製炊飯器を日本へ輸出 パナ、30年で累計生産1000万台(09/20)

中国のワンプラス、スマートTV開発へ(09/20)

アディティヤ衣料部門、女性下着市場に参入(09/20)

【予定】20日 東京ゲームショウ2018ほか(09/20)

衣料通販ミントラ、モールへの出店を検討(09/20)

【訃報】鳥羽雄一氏(元日本カーボン社長)ほか(09/20)

アマゾン、デビットカードで分割払い可能に(09/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン