【インドを解く】食糧穀物生産、過去最高の予測

第470回 2017/18年度ラビ作(冬場作)の小麦や豆類などの食糧穀物の植え付け面積は前年度比5.32%減の6,428.8万ヘクタールだった。中でも、ラビ作の中心を占める小麦の植え付け面積は前年度比13.59%減の3,043万ヘクタールに大幅に減少した。このラビ作の植え付け面積をふまえ農業…

関連国・地域: インド
関連業種: 農林・水産


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:深夜のデリー空港。入国…(03/27)

車サービスに新興企業が参入 移動の多様化(上)、狙いは近距離(03/27)

EV充電施設、首都の131カ所に設置へ(03/27)

現代自現法、労組と3年間の賃金協定を締結(03/27)

セブンイレブン、ムンバイに8店舗を設置へ(03/27)

ジンダル、直接還元鉄プラントの操業再開(03/27)

電力インフラのカルパタル、北欧の同業買収(03/27)

エネルギー転換ランク、印は76位に上昇(03/27)

建設L&T、建物と水処理で大型受注7件(03/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン